2006年11月18日

即興曲 2番 嬰へ長調 作品36

衝撃のショパン名演奏!topスタニスラフ・ブーニン>即興曲 2番 嬰へ長調 作品36

ショパン:即興曲 2番 嬰へ長調 作品36
IMPROMPTU NR.2 FIS-DUR,OP.36

スタニスラフ・ブーニン(ピアノ)



演奏動画一覧に戻る

スタニスラフ・ブーニンの記事一覧



【この曲を聴き比べ!】
即興曲 第2番 嬰へ長調 作品36

【関連CD】
管理人が一番最初に買った(というかもらった)ブーニンのCDで、バラードと即興曲が交互に配列されています。幻想即興曲についてはとにかくテンポが速いです。ただ、中間部はアシュケナージ等が割りとドラマティックに弾くのに対して、ブーニンは非常にロマンティックに弾いるように感じられました。

収録されている曲では他には「バラード4番」が良いと思います。クライマックスの迫力がショパンコンクールの時の演奏よりやや及ばないものの、全体的に見てミスタッチもなく、音色もものすごく綺麗で、より完成度の高い洗練された演奏になっていると思います。

幻想即興曲
幻想即興曲
posted with amazlet on 07.02.23
ブーニン(スタニスラフ) ショパン
東芝EMI (1997/03/19)
売り上げランキング: 21194

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。