2006年12月02日

ピアノ協奏曲第1番

衝撃のショパン名演奏!topスタニスラフ・ブーニン>ピアノ協奏曲第1番

ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11
Piano Concerto No.1 in E minor,Op.11

スタニスラフ・ブーニン(ピアノ)

※ショパンコンクールとは別の演奏です!
※パート1から4まであります。
2007 5/5追記:一部復活
2008 5/2追記:全面復活ブーニン氏の演奏で第1楽章だけ抜けていましたので追加しておきます。ちなみに、これはショパンコンクールの時の映像ではないです。

この第1楽章ですが、規模が大きく聴きごたえのある曲です。それだけにそう頻繁に聴くことはないのですが、改めて聴いてみるとその魅力をひしひしと感じます。

ブーニン氏も第1楽章についてこんなコメントをしています。
「(ショパンの)第1番のコンチェルトは大好きなんです。特に第1楽章がすばらしいと思います。あの、楽章はとてつもないエネルギーが秘められている。それはひとつの街が吹き飛んでしまうような、そんな強靭さを感じます。」
各地を演奏で吹き飛ばしてらっしゃるようで

▼パート1

別バージョンはこちら


▼パート2



▼パート3



▼パート4
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28765096
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。