2006年12月06日

練習曲 第4番 嬰ハ短調 作品10-4

衝撃のショパン名演奏!topスヴャトスラフ・リヒテル>練習曲 第4番 嬰ハ短調 作品10-4

ショパン:練習曲 第4番 嬰ハ短調 作品10の4
Etude No.4 C sharp minor, Op.10

スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)

久しぶりにショパンを、それもあのロシアの大ピアニストのリヒテルの演奏を紹介します。リヒテルやホロヴィッツを「その他」に分類するのはバチがあたりそうなので数が増え次第新たにカテゴリを設けたいと思います(笑)

演奏動画一覧に戻る

スヴャトスラフ・リヒテルの記事一覧
この記事へのコメント
すごいですね
この曲を彼はまるで
「こんなの余裕だよ!見せてやろうか?
ほら、簡単だろ!」
って感じで弾いてます。
この人はこのレベルの曲を
ブルクミュラーぐらいにしか構えてないと
思います。スケールの差だとしか思えません
こういう演奏を見ると、みんな専攻者は
やる気をなくすと思います

韓国でも今動画がはやっていて
ホロビッツの動画を自分で編集して
公開していますが、彼も同じですね
Posted by カラヤン at 2007年04月25日 00:09
こんばんは〜

>「こんなの余裕だよ!見せてやろうか?
ほら、簡単だろ!」
って感じで弾いてます。

リヒテル程の超絶技巧を持った達人となると、こんな難曲もいともたやすく簡単に弾きこなしてしまいますね。

遅レス失礼しました。

書き込みありがとうございます♪
Posted by youtube_classic at 2007年04月28日 23:52
驚きの一言です。
初めてこの映像を見ました。リヒテルがその昔、かなりの技巧を持っていたことは知っていましたが、これほどまでとは思ってもいませんでした。映像からして1960年代でしょうか。ネイガウスはリヒテルの桁外れの技巧を絶賛したとのことですが、さすが認められただけのことはあります。
これだけの技巧を持ったピアニストは現代でもざらにはいないでしょう。
Posted by Y.Y at 2007年07月26日 23:16
 
練習曲10-4嬰ハ短調
リヒテルのこの映像は貴重であり、
10-4を最も速く弾き終えたとされています。
Posted by at 2008年06月29日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29068066
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。